災害情報辞典

オフィス関連で気をつけたい事


オフィス関連のちょっとした知識
トップ » オフィス・不動産

ページリスト

運営者情報

オフィスの移転で注意すべきこと

最近は働き方に変化があると言われていますが、その変化は中小企業から来ていると感じることがあります。不動産広告でビジネス向けオフィスのテナント募集の広告を見ていると、大型のビルがここ数年で続々開業していますが、企業が規模を変更するときは拡大ばかりではありません。縮小の場合もあるのです。規模を大きくして広い場所をへ移転するばかりのように感じられるものですが、業種によってはある程度業務がこなせるようになると独立を促すというものがあります。人が減ったときは規模を縮小すると固定費を減らすことが出来ることがありますが、オフィス丸ごとの移転となると一時的に引越費用などの経費が膨らみます。この経費の膨らみ具合を勘案してから移動する、しないを選んでも構わないということです。

企業選びにはオフィス見学も必要

就職活動の際にはオフィス見学も積極的に行いましょう。いくらその企業のホームページに立派な理念が書いてあったとしても、楽しそうな職場だということを強調していてもそれは一方的な主張でしかありません。全く勤務先に不満がないということは少ないでしょうから、批判する人々が集まるようなサイトを信じこむのもオススメ出来ません。そこで、オフィスを見学した際に清潔感があるかという職場環境のチェックの他に、自分と直接会話しない普通に働く人々がいきいきしているかといった人間観察も行うと良いでしょう。

個人で行える不動産経営とは

不動産経営といってもその規模はピンきりで、主要都市にいくつもビルを持っている人から投資目的でマンションの一室を購入し賃貸物件にしている人まで実に様々です。収益物件としてアパートなどを建て、老後の生活を安定させているパターンも増えていますね。その際には不動産業者が間に入り、建築から経営に関する一切を請負い代行するという形態もよく耳にします。親から安定した入居率の物件を相続すれば家賃収入だけでくらしていける場合もあります。しかしそれを維持するためにはメンテナンスなどの努力が欠かせません。