災害情報辞典

幸せになるギフトとはなにか


双方が幸せになるギフト選びには
トップ » ギフト・贈り物

ページリスト

運営者情報

最近はやりのカタログでのギフト

最近結婚式の引出物や内祝などでよくカタログギフトをもらうことがあるのではないでしょうか。以前はタオルや食器が多かったかと思うのですが、かさばったり趣味があわなかったりでちょっとこまったという経験は誰しもあるかとおもいます。それらはバザーなどで処理することも出来るのですが、名前入りの大皿や写真立てだと本当にどうすることも出来ず場所だけ取られて…ということもあるでしょう。しかしカタログギフトなら贈り手は選ぶ手間が省けますし、貰い手は本当に欲しい物を選ぶことができますので双方にメリットが大きいのです。

贈り物を頂いた時のお礼について

贈り物を頂いた際には、先方に手紙や電話でお礼をするのが常識です。出産祝いや結婚祝いに入学祝いなどの贈り物ならば内祝いをおくる必要もあるでしょう。品物には贈る側の気持ちが込められています。無事に届いたかどうか、心配で連絡を待っている人もいるでしょう。金額の大小に関わらず、頂いた贈り物に対してお礼を述べるのは人として当たり前のことです。もし逆の立場だったら、相手になにか連絡できないようなことがあったのではないかとか、品物が気に入らず気分を害したのではないかなど心配してしまうでしょう。頂いた際には、近況報告を兼ねて連絡しましょう。

結婚祝いのギフトの選び方のポイイント

結婚祝いのギフト選びは迷いますよね。どんなモノを送ったら失礼ではないのかと、葛藤してします。よくあるのは調理器具やペアの食器など新婚家庭に必要なものが多いとはおもいますが、数年の同棲期間があったカップルなら必要なものはその間に揃えてしまっているので、かぶってしまうこともあるでしょう。親しい間柄であれば素直に何がほしいか聞いてみるのもいいでしょうし、職場の同僚程度の付き合いであれば他の同僚と相談して合算して豪華なものにしてもいいでしょうね。結婚祝いのギフト選びには気を使いますが良い物を選べるといいですね。