災害情報辞典

健康のために大切なこととは


健康な生活とは日々の心掛け次第です
トップ » 健康・治療

ページリスト

運営者情報

足裏のツボ刺激は健康促進に繋がる

足は第二の心臓と言われ、健康維持にはとても大切な身体のパーツです。肺が吸い込んだ酸素を心臓というポンプで全身に送られます。これにより疲労回復とエネルギーの再生産が行われるのです。しかし、心臓から遠く離れた位置にある足はこの作用が十分に働かず、そのままでは健康によろしくありません。そこで歩くという行為により筋肉を刺激して下からの血液の流れを促進するのです。単に歩いたり身体を支えたりするための器官ではないのです。。全身の健康に対して、とても大切な役割を担っているのですね。

医療保険外の治療とはどんなものか

医療保険に入っていても保証対象外の治療というものがあるのを認識しておきましょう。たとえば、ガンに対する最先端の技術を用いた施術は特約でカバーしなければ対象外となるとこがほとんどです。入院に特化したプランであれば日帰り手術なら対象外になったりしますので注意が必要です。またほくろやイボを除去する場合にも、最初の1つは保険適応でも以降は美容手術扱いとなり適応外となります。治療を受ければなんでも医療保険が使えるという思い込みはとてもキケンです。国保以外の民間の保険に加入の際にはこのあたりを気をつけましょう。

健康の持つ意味を見直してみよう

健康の意味とは、心身ともに健康であることと発想や思想に異常性がないことが含まれています。いくら壊れない強靭な肉体があっても精神的に破綻していれば該当しませんし、精神的に充実していても病床に塞ぎこむ毎日でも該当しません。また心の状態が身体に支障をきたすこともありますので、精神衛生には十分に気をつけたいものです。そしてその逆に肉体的なダメージがもとで精神的にもダメージを負うこともあります。真に健康を維持するという意味においては、心も身体も健やかであることが欠かせないのです。