災害情報辞典

ウェディングに相応しい服とは


ウェディングのマナーを守って出席する
トップ » 冠婚葬祭 » ウェディングに相応しい服とは

ページリスト

運営者情報

ウエディング関連のマナーとは

人生でもっとも晴れやかでおめでたいのが、ウェディングです。自分の挙式はもちろん、知人友人の挙式に参加するときはとても嬉しいものです。同時に、客として招待されたときにはて、マナーはどんなものがあったかな、と慌ててしまうケースも多いでしょう。事前にマナーブックやマナーに関するサイトなどを一通り目を通しておくことが大切です。

また、地方によってさまざまなマナーがありますから、その地方出身の人に話を聞けるともっと良いでしょう。女性客は参加する際、新婦のウェディング色であるホワイトのドレスは絶対に着ないようにしましょう。ホワイトを基調とした柄物などであっても避けるべきです。落ち着いた色味で、大人っぽいファッションを心がけ、髪はきれいにまとめるほうが良いでしょう。

男性ならばスーツが無難ですが、ネクタイは慶事用のものにします。靴の汚れなどはあらかじめ落としておきましょう。髪は清潔感が重要です。ウェディングのお祝儀は地方や関係性によって異なります。以前は二万円は割ることができる数として避けられていましたが、近年は二人の門出を祝福する数字としてさほど気にされなくなってきてもいます。