災害情報辞典

自分のために勉強する子供にしよう


誰のために勉強をしているのかが大事
トップ » 学び » 自分のために勉強する子供にしよう

ページリスト

運営者情報

勉強ができる子は本当に優秀?

宿題をしなさいと親から言われた経験のある方は多いでしょう。学生は勉強が仕事なので、言われなくとも宿題をするのが当然なのですが、子供は何でも気になるもの。他にもやりたい事が沢山あり過ぎるのです。どうしても宿題は後回しになりがちなのです。

それでもきちんと宿題をして成績優秀なお子さんもいらっしゃいます。そういう子供は学校ではいわゆる優等生とされ、先生からの評判は良いのです。しかし、勉強ができる子供が全て何事においても優秀とは言えないのが現実です。学業は得意だけれど、体育や芸術方面はめっきりダメという子供は意外と多いですし、学業も体育も芸術方面もそつなくこなすけれど、自分のためではなく先生や親にほめられたいからという理由で頑張っている人もいるのです。

実は後者の方が問題なのです。目的が先生や親を喜ばすことなので、自分のためではないのがポイントです。やれと言われたからやるというスタンスでは本当の優秀とは言えません。これでは社会人になっても、指示待ち、つまり能動的ではないので出世は難しいのです。勉強ができるのはいいけれど、それだけにならないように、色々な経験をして自分のやりたいことを見つけるのが最も大事なのです。